昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』


突然ですがこの“?マーク”は一体なんでしょう?
昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』_e0267277_19144731.jpg

正解はコチラ!
昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』_e0267277_19145110.jpg
テンプルが縄手タイプのレトロメガネ
『H-FUSION LIGHT 607』
昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』_e0267277_19145472.jpg
とてもシンプルですが随所にこだわりが盛りだくさん

まずは素材に“サンプラチナ”を使用
チタンが開発される前のスタンダードな素材で
形状の安定性に優れ錆びにも強い特徴があります
昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』_e0267277_19150206.jpg
続いてブリッジがとクリングスが一体型の“マンレイ山”
メガネを知ってる人じゃないとなかなか気づかないところです
昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』_e0267277_19150636.jpg
そして鼻パッドをよく見ると・・・
ネジ止めではなく“抱き足タイプ”
これでもかと言うぐらいクラシカル感が満載!
昔ながらのメガネ『H-FUSION LIGHT 607』_e0267277_19150851.jpg
レンズシェイプもボストン型なので
洋服にも合わせやすいですよ〜



宮里


よろしければ・・・
RiiNGのFacebookページへ「いいね!」お願いいたします!!

立川駅直結!エキュートecuteのメガネ店
「RiiNG EYEWEAR」→HP←
190-0023 東京都立川市柴崎町3-1-1エキュート立川3F
042-522-0021
10:00~21:30(日祝〜21:00)
無休

by riing | 2014-09-19 19:30 | H-FUSION エイチフュージョン | Comments(0)
<< 大盛況!『MicedrawTo... 本日も、アンバレの素晴らしさを... >>